【習志野市】和カフェの次はかき氷カフェ!「yukishirushi 0゜ユキシルシゼロド)」袖ヶ浦団地ショッピングセンターに6月OPEN予定

習志野市袖ヶ浦2丁目及び3丁目をほぼ占める「袖ヶ浦団地」。巨大な団地の中にある袖ヶ浦団地ショッピングセンターに新たなカフェがOPEN予定です!

ユキシルシゼロド

お店の名前は「yukishirushi O°(ユキシルシゼロド)」。場所はリサイクルショップ「万能屋」さんと「五輪食堂」の間。

ユキシルシゼロド

5月中旬に様子を見に行った際はシャッターが閉まっており、開店予告のチラシが貼ってありました。

ユキシルシゼロド

以前、号外NETでは同ショッピングセンター内に3月にOPENした和カフェ「天風堂」さんを取材させていただいたばかり。今度OPENのお店はかき氷カフェのようです♪

【習志野市】お花のような「おはぎ」がとってもキュート!ソデダン(袖ケ浦団地)の中に「甘味処 天風堂」がオープンしました!

ここには地域の人たちとつながる新しいコミュニティスペース「団地いどばたラボ」もあります。昭和レトロな雰囲気を残す袖ヶ浦団地ショッピングセンターは人の集まるスポットになりそうな予感?!

5月下旬に差し掛かった時、ちょうどお店のシャッターが開き、工事中の様子。お声をかけたところ、店主さんがいらしたのでちょっとお話を聞かせていただきました!本業は店舗設計等を手がける店主さん。もともとは今回出すお店のパートナーシップ先である「瀬戸内ひだまりかき氷」のフランチャイズ物件の工事などを手がけていたんだそう。

ユキシルシゼロド

人生の節目の年を迎え、かねてより飲食業をやりたいと思っていたところ、ご自身でもかき氷店をやってみることになったんだとか。店舗設計をやっていらしたというのも、お店の内装を見て納得。ものすごくオシャレな造りで、これは何店舗も任されるのも当然、といった感じ。

ユキシルシゼロド

店名の由来は店主さんが北海道出身(北海道といえばやはり雪印)ということと、ご自身の名前のアルファベットがそこにハマることから「yukishirushi」。「0°」は水が氷に変化する温度であり、新たな人生をゼロからスタートする意味も込めたとのこと。写真の奥に写るスライドドアの意匠にお気づきでしょうか?

ユキシルシゼロド

テナント契約を結んでから、実は人手の確保に苦労したり商品開発に煮詰まったり、いろいろありながらも不思議なご縁に恵まれたりしながら現在はそれらもクリアして、6月後半のOPENに向けて動かれているそうです。什器もなるべく千葉のものを使いたいということでかき氷の器はなんと九十九里の「SUGAHARA」を使用。スプーンも茂原の「WOOD STUDIO KUZE’S」というこだわりよう。

6月のOPENまでは少し時間があるのも、お店で一緒に働いてくれるスタッフさん達のトレーニング研修をしっかり行い、OPEN時には手際よく「魅せる商品提供」ができるようにしたいという思いから。店内の造りを見ると、この理由もわかるかもしれません♪

ユキシルシゼロド

夏はかき氷に集中し、オフシーズンにはかき氷以外のスイーツ提供も視野に入れているそう。いろんな人に来てもらいたいとのことでペット連れの人も使えるテラス席が用意されたり、リードフックやコンセントまで準備されています。

ユキシルシゼロド

昔ながらの商店街にあるかき氷屋さんでPC作業、ということも可能です。

ユキシルシゼロド

お店の入り口もカマボコのようなかまくらのような、かわいらしいドーム型。

ユキシルシゼロド

OPEN日などが確定するのはもう少し先のようです。詳細が分かり次第、またお伝えしていきます!

yukishirushi O°(ユキシルシゼロド)」(6月OPEN予定)が入る袖ヶ浦団地ショッピングセンターはこちら。

2024/05/26 08:23 2024/06/05 00:01
うえこみ

号外NETの広告出稿はこちら

号外NETメルマガ

号外netは持続可能な開発目標(SDGs)を支援します

号外netへの提供提供求む!

号外net 全国で地域ライター募集