【八千代市】今年は記念すべき第50回8,888発の花火!「八千代ふるさと親子祭」有料観覧席チケットは7月1日より販売開始です!

来る2024年7月1日10:00より「第50回八千代ふるさと親子祭」有料観覧席(協賛席)チケットが全国のセブンイレブン店内のマルチコピー機にて販売開始となります。

第50回八千代ふるさと親子祭

販売されるのは花火が降ってくるかのような大迫力の「さじき協賛席チケット(446席)」(1マス4人定員・20,000円)と、「総合グラウンド協賛チケット(全1,600席・自由席・乳幼児は無料・小学生以上一人につき)2,000円」どちらも無くなり次第販売終了となります!

第50回八千代ふるさと親子祭

※画像提供:八千代ふるさと親子祭実行委員会

昨年は17万人の人出だった親子祭。今年の日程は2024年8月24日(土)、場所は県立八千代広域公園および村上橋周辺、多目的広場です。当日まであと2ヶ月を切りました。当日は大会史上最高の8,888発の花火が夜空を彩ります!

それにしてもなぜ「花火大会」じゃなくて「親子祭」という名称なの?と思っている方もいるかもしれません。それは、惜しくも昨年鬼籍に入られた、親子祭の立役者である故・小久保 歡さん(前・小久保製氷冷蔵株式会社取締役会長)と故・周郷 紀夫さん(前・周郷建設株式会社 取締役会長)のお二人が、八千代の子供達に地元の良いところを教えてあげたい、郷土文化を見せてあげたいという気持ちから5月の鯉のぼり、8月の灯ろう流し&花火の3つのイベントを企画したのが始まり。

ゆらゆら橋鯉のぼり大遊泳

※画像提供:八千代ふるさと親子祭実行委員会

8月のイベントは以前は灯ろう流しがメインでしたが、年月を経て盆踊りや多数の出店で賑わい、クライマックスに花火大会が開催される大きなお祭りへと移り変わりました。

第50回八千代ふるさと親子祭

※画像提供:八千代ふるさと親子祭実行委員会

例年5月の新川ゆらゆら橋で開催している鯉のぼりは、実は八千代ふるさと親子祭「こいのぼり大遊泳」という名称で、8月の親子祭に繋がるイベントなのです。どちらも八千代市内の子供達に向けて始められたイベントであり、双方あって一つの目的となるのです。

ゆらゆら橋鯉のぼり大遊泳

※画像提供:八千代ふるさと親子祭実行委員会

今年は記念すべき第50回目。立役者のお二人への鎮魂の花火も上がります。コロナ禍も明けたこともあり、実行委員会の方によると「80分間ずっとトップギアに入れっぱなしのような、見応えのある花火大会に」との事。8,888発の花火、とっても楽しみですね!

第50回八千代ふるさと親子祭

※画像提供:八千代ふるさと親子祭実行委員会

その場で感じる花火の音も醍醐味の一つですが、実はおうちで花火を楽しむ事もできますよ!昨年同様、Youtubeのライブ配信が今年も予定されています。混雑を避けて、お家でゆっくり「花火パーティ」というのも良いかもしれません♪

第50回八千代ふるさと親子祭

※画像提供:八千代ふるさと親子祭実行委員会

当日は周辺道路の通行止めに伴い大変な渋滞が予想されます。ご来場を予定されている方は時間に余裕を持っておでかけいただくことと、公共交通機関のご利用をオススメします。特に今年は駐車場の用意はありませんので、お車で、とお考えの方はお気をつけください。

第50回八千代ふるさと親子祭

※画像提供:八千代ふるさと親子祭実行委員会

その他、詳細につきましては八千代市商工会議所HPにてご確認ください。キッチンカーの募集もされています。

「第50回八千代ふるさと親子祭」会場はこのあたり。

2024/06/28 08:23 2024/07/04 15:22
うえこみ

号外NETの広告出稿はこちら

号外NETメルマガ

号外netは持続可能な開発目標(SDGs)を支援します

号外netへの提供提供求む!

号外net 全国で地域ライター募集